バディは大切にしないといけない

宝の地図を発見したボクは、共に宝を探してくれる仲間を3人集めた。

どうやらお宝は海の中にあるらしい。

4人で潜水艦に乗り込み宝を探した。

海底奥深くまで来たが、この先は狭い洞窟。

この潜水艦では通れそうもない。

「ここからはみんな海に入って探そう。」

「じゃあ、誰が一番良いお宝を取ってこれるか競争だ!」

「いいね!」

それぞれ潜水艦から潜水服に身を包み、海底探検をすることになった。

サイコロを振って、出た数字の数だけ進む。

そこにはお宝があるが、深く進んでいくほどに潜水艦の酸素が減っていく。

酸素は4人でシェアしているから減るのも早い。

海底深くにはより多くのお宝があるけど、潜水艦から供給される酸素がなくなってしまったら、みんな死んでしまう。

無謀な者が一人でもいると全員の命が危険にさらされることなる。

命をかけて宝を探し、より多くのお宝を潜水艦に持って帰るという過酷なゲームだ。

海底の中程まで来たところで、

「そろそろ酸素がなくなりそうだ。俺は一旦戻るよ。」

「じゃあ、俺も。」

「俺も。」

「俺は、もう少し行くよ。」

3人は潜水艦へ戻っていたが、1人はまだ進む選択をした。

戻っている間も潜水艦の酸素は減っている。

もう少しで潜水艦。

ただ、1人が奥深くに進んだせいで酸素の減りが思っていたより早く、最後のダイスを降ったときにはもう遅かった。

1人として潜水艦へは戻れず全滅した…

海底探検とはそういうボードゲームです。

この前のボードゲームcaffeでやったら楽しかったので紹介しました〜。

「お宝に目が眩んで判断を間違ってはいけない。」という教訓が得られます。

ボードゲームCaffeでやった時の写真。

実際に、1人が無理して進み全滅しました(笑)


海底探検

テーブルゲーム 海底探険

ジャンル戦略
プレイ人数2〜6人
プレイ時間約30分
年齢8歳〜

海底探険」は、サイコロでコマを進め、誰よりもたくさんの宝を持ち帰ることを目指すテーブルゲームです。

投稿者: 根本敏宏

「子どもからお年寄りまで安心して過ごせる地域社会を実現する」を目的に活動するNPO法人SMSC(@NpoSmsc)の代表をしています。 みんなの学校プロジェクト。みんなの学校いなしき校長。 福祉と歴史とアートが好き。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。