新法人を設立しました。

以前から計画していた社会福祉法人の設立がやっとできたぜ。
これからがスタートではあるんだけどね。

2018年の8月に新法人を設立するという下記のブログを書いた。

社会福祉法人化しようと決意表明してから、もう2年半も経ってるんだよね。
時が経つ早いものだ。いつもながら。

せっかく設立することができたので、社会福祉法人蒼天理事長としてのメッセージを書いてみた。

まあ、コーポレイトサイト用だけど。

いつも活動へのご理解・ご支援ありがとうございます。
私たちは、これまでNPO法人として障害者支援事業を行ってきました。
活動する中で、子どもの貧困の問題や高齢化の問題、福祉サービスの縦割り化の問題など、様々な問題を目の当たりにしてきました。
それらの問題を少しでも解決していくために、廃校という地域資源を活用して、高齢者・障害者・児童など総合的な福祉サービスと地域の様々な人が交流することができる、多世代・多属性交流型の地域生活拠点事業「みんなの学校プロジェクト」を開始しました。
生きていく上で、さまざまなライフステージがあり、ステージごとにそれぞれの課題が出てきます。
「雲外蒼天」
それでも困難を乗り越えれば青い空が広がっている。
支援が必要な人と関係する方々、そして地域のみんなと共に歩き、共に困難を乗り越えられることを願って「蒼天」と名付けました。
「あなたに寄り添い みんなで関わり ささえあう地域へ」
分野や制度に囚われることなく、あなたに寄り添う支援を創り、活動を続けていきたいと思います。

社会福祉法人蒼天 理事長 根本敏宏

社会福祉法人蒼天。

「蒼天」という名前の由来は、メッセージでも使っていますが、「困難や障害の先には明るい未来がある」という意味のある四字熟語からとりました。

困難を乗り越えれば青い空が広がっている。

これは、自分自身に込めた言葉でもあるし、障害のある方々やそのご家族、また支援が必要な困難を抱えている方々への言葉でもあります。

全部を解決できるわけじゃないかもしれない。

でも、希望を持って一歩一歩前へ進んでいけば、状況が変わり、気持ちに変化が起きるかもしれない。

未来はどうなるかわからないから、かもしれないとしか言えないけど、共に困難を乗り越えられる存在になっていきたいと思います。

会社の名前の由来って絶対聞かれるんですよね。

SMSCの時も(まだ今もだけど)、どういう意味ですか?って何回も聞かれた。
なので、あらかじめ書いておきます。

ちなみに蒼天で調べると、
 1 青空。大空。蒼空。
 2 春の空。
 3 天の造物主。天帝。

「天帝って意味でつけたんでしょ。」って思う人がいるかもしれないですが違います。

雲外蒼天です。

改めまして、社会福祉法人蒼天もよろしくお願いします。

無駄だなと思うこともやってみた方がいい

これまで作ってきた点が、徐々に今線としてつながってきている。

みんなの学校プロジェクトとか地域福祉への取り組み、支援事業とか関係者の拡がりにとかとか…

最初から意識して作ってきた訳ではないけど、あらかじめ準備していたかのように。

でもまあ、そんなものなのかもしれない。

時間を大切に。
効率的に。

徹底的に無駄を省いていくことが大事だとは思うけど、それでできたスキマは、今やっていることとか目的に直結しない別のことをやるという選択も必要だよね。

副業もそう。
遊びでもそう。

特に遊びは、良いアイデアや取り組みが斬新な形で生まれてくるからとてもいい。

その時は無駄な点かもしれないけれど、いつか線につながるから。

だから、無駄なように見えることや「なんだよこれ非効率じゃん。」ということでも、あえてやってみるほうがいい。
そこから得られるものもきっとある。

それら全てが今へ続く一つのストーリーになっている。

今年やってたボードゲームも子ども・障害者・高齢者がごちゃまぜに交流できるツールになった。

側から見れば遊びだけど、交流を作るという仕事になっている。
(俺は遊びだけど笑)

来年度もボードゲームを含めて、遊びを増やしていきたいな〜。

今回は、「無駄に見えることでも無駄じゃないよ。」という話をすることで、遊びを正当化して、これからも遊びをやっていきますという話でした。

何かを変えるのは熱意でしかない

稲敷市の自殺対策の取り組みをNHKが取り上げてくれたみたいですね。

前回の茨城新聞での記事も今回のNHKの記事も、この協定に至るまでの経緯に携わっていたのでうれしい限りだ。

警察と行政の連携、さらに関係機関やNPOを含めた連携になると全国初。
なので、注目されるのは当然としても、たくさんの方に知っていただくことで、この取り組みが全国的に広がっていくとさらにいいと思う。

取り組みがこのような形になるまでには、実は5年ほどの歳月がかかっている。
その過程はざっくりと書いてるので、興味のある方は下記を読んでね。
(ほんとざっくりね)

過去記事

「稲敷市の自殺をなくす。」ことを目的に関係機関と連携した取り組みになるまでには、自殺予防の広報をしたり、ゲートキーパーを学んだり、他機関の自殺対策の事業の話を聞きに行ったりなどなど、いろいろな活動をしてきた。

多分、覚えている範囲だけど…

自殺対策は、全国的な課題なので他市や他機関等、様々な形で対策を検討しながら、進めている事だと思う。
それでも対策を大きく進めることができないことの理由に、個人情報保護という問題がある。

これは福祉でもそうだが、他機関等と連携した支援をしたり、情報共有する際には個人情報保護というのがいつも大きな壁になる。

今回の協定に至るまでにも、この課題が大きな壁となり、結果5年を費やすことになった。

それでも乗り越えることができたのは、関係者の「熱意」だったんじゃないか、と思っている。
何度も関係機関で個人情報の壁をどう乗り越えるかを検討してきた。繰り返し。
(そのほか行政の方々の動きをすべて把握している訳ではないので、個人的な見解。)

それに関係者の何人かは、友人や知人を亡くしている。
そのため、この課題に対する想いはとても強かったんだと思う。

「自殺者を亡くしたい。」

その思いが交錯し、熱意が変革へつながったんじゃないかなと。

自分もこれまでいろいろな事業やサービスを作ってきた。
障害者福祉に始まり、子どもの学習支援、子ども食堂にみんなの学校。

特に頭が良いわけでもなく、お金があるわけでも、2世でもないし支援者(バック)がいるわけでもない、ただの凡人だ。

そんな自分でもいろいろやって来れたのは、熱意があっただけだ。

その熱意が人を呼び、その仲間が変える原動力になる。

計画をしては反対され、実行しては失敗して、それでも何度も計画しては実行していく。試行錯誤とチャレンジの繰り返し。とりあえずやってみる。

「何かを変えるのは熱意でしかない。」

これからも熱意をもって、いろんなことにみんなでチャレンジして行きたいと思う。

今回もこの協定に至るまで楽しく参加することができました。
そしてこれからが辛いとは思うけど、それでもきっと楽しい。

ありがとうございます。

SMSCは解散する予定なので新団体を設立します

久しぶりの更新。

ゆっくり休みたいなと思っていたけど、思っていたより全然休めなく、以前の様に日常的にバタバタ過ごす日々が続いている。

社福化もまだかまだかと思っているけど、なかなか思う様に進まんね。
たくさんの大人たちが関わってるし、みんなそれぞれの仕事をしているから、どうしてもスムーズに進まなくなる。

しょうがない。
わかっていたことだけど。

ただ社会福祉法人化したら、理事が6名、監事2名、評議員7名と役員が多くなり、意思決定のスピードもこれまで通りにはいかなくなる。
結果が不確実なものもなかなかできなくなるだろう。

スピード感がなくなってしまったら、ベンチャーっぽさがなくなってしまうし、何より自分が楽しくない。

なので、NPO法人も解散することだし、任意団体を設立していこうと思う。

名前は「SAKIGAKE」

SAKIGAKE

SAKIGAKEは、その名の通り先駆けるという意味でつけた。

スピード感を持って新たなことを興したり、特に結果が不確実なものがやりにくいのがとても辛い。

新しいことは結果がわからない。

良くなるかもしれないし、悪くなるかもしれない。

「失敗したとしてもやったことに意味がある」とは思うけど、それを大人みんなに納得してもらうことができるかわからない。

なので、とりあえずやってみたいことは「SAKIGAKE」で開始して、いい感じなった社会的事業は社会福祉法人へ移行する。
良い感じになった営利的な事業は、株式会社へ移行する。(今はないけど。)

そんな感じで「SAKIGAKE」という団体の活動を開始していこうと思う。

とりあえず、今年度で県の補助が終了する「多世代・多属性交流型のボードゲーム事業」は、「みんなのボードゲームカフェ事業」として移動型として再出発。

地域の方からやってと言われていた、困窮世帯の子どもへの物品の寄付・贈与事業(制服・体操服・部活用品などなど)も開始していきたいと思う。

足並みを揃えるな。先駆けよ!

2つに事業を起点に新たなことをいろいろやっていきたい。

市内にボランティア団体としても登録するので、興味のある方はぜひ。

お問い合わせはこちら。

おとなの新路相談室を開設しました。

数年前から始めた仕事旅行。

その仕事旅行社から、新サービスを始めるというメールが入った。

その名も「おとなの新路相談室」。

「おとなの新路相談室」は、新たな仕事に挑戦する際の不安や悩みを、各分野で活躍する先輩に ONLINE で相談できるサービス。
すでに副業や起業、移住など、新しいはたらき方を実践するたくさんの相談員の方が登録されていたので、今回も「とりあえずやってみよう。」と思い、相談室を開設することしました。

それがこちら。

ONLINE 相談サービス

「困っているあなたを助けたい。」
  福祉の仕事をしたいみんなに。

https://shinro-soudan.com/detail/N0dlIJlwyn996


前回の仕事旅行を始めたのもメールでの問合せがあり、オモシロそうだから始めただけなのだ。

仕事旅行を始めたのは2017年で、もう4年近く運営している。

オモシロそうという思いで始めたけど、参加者にも恵まれて長期的なサービスになってます。

なので、今回のおとなの新路相談室も長期的なサービスにしていきたいな〜と思っています。

おとなの新路相談室について

「困っているあなたを助けたい。」福祉の仕事をしたいみんなに。

「福祉は支援が必要な人と共に成長できるやりがいのある仕事だと思う。」

若い頃は特にやりたいこともなく、大学も親に言われた福祉の大学にいき、仕事もそのままなんとなくの流れで福祉の道を選択。
なんとなく働いていた仕事ですが、身近な人がうつになってしまったことで精神保健福祉士の資格を取り、精神障害者支援の世界へ進むことにしました。

精神障害者の支援をしている中で、日本の自殺問題に直面したことで「何とかしないと。」という思いが膨らんできました。

そして突如起こった東日本大震災。
その衝撃と被災した体験から「何かしないと。」という思いが重なり、地元へ戻りNPO法人を設立することに。

NPO法人の活動として精神障害者支援を始めたことで、貧困の問題を知り、生活困窮者世帯の子どもの学習支援を始めます。子どもの学習支援を始めると、子どもの孤食と栄養問題を知り、子ども食堂も始めました。さらに、視点を地域に広げると高齢者の支援やせいかつのしすらさの課題が見えてきたので生活支援コーディネーターの仕事も始めました。

新しい何かを始めると、様々な課題が見えてきます。

課題に気付いてしまうとやらなくちゃいけなくなる。
でも、自分ならこうできる、こうしたいと言う思いを加えれば、やりたいことへと変わっていく。

そうやってやりたい仕事へと変換してきたら、障害者支援から生活困窮者支援、子ども支援、高齢者支援、地域交流活動など、活動範囲が広がってきました。
そして現在は、廃校を活用して高齢者・障害者・児童など総合的な福祉サービスと地域の様々な人が交流することができる、多世代・多属性交流型の地域生活拠点「みんなの学校プロジェクト」へと発展しました。

これまでに出会った人々や出来事に自分の知識や体験が重なり、現在の活動までつながってきたんだと思います。

無数に作られた点は、いつか線となり結果につながります。

少しでも多くの点を作って欲しいし、この新路相談がみんなの点の一つとなったら幸いです。

【ご相談内容について】
 ・福祉の仕事について(メイン)
 ・地域、社会課題の見つけ方
 ・地域、社会活動の始め方
 ・団体の作り方
 ・NPO法人の作り方
 ・仕事や事業の作り方
 ・地域に関すること、地方創生に関することなどなど。

できる範囲で相談いたします。
また、精神保健福祉士として人生相談等もOKです。

ONLINE 相談サービス

「困っているあなたを助けたい。」
  福祉の仕事をしたいみんなに。

https://shinro-soudan.com/detail/N0dlIJlwyn996