「みんなのための福祉を。」創っていきたい

今月8月1日に茨城県より「みんなの拠点いなしき」の指定を頂くことができた。

みんなの拠点いなしきは、障害者の日中サービス支援型のグループホームと短期入所の2つの障害福祉サービス事業を行う場所だ。

まず日中サービス支援型のグループホームは、障害者の重度化・高齢化に対応するために、障害者の状況や体調などに応じて24時間対応するグループホーム(住む場所)。
そして短期入所事業は、自宅で暮らす障害者の家族が、どうしても都合が悪くて(冠婚葬祭や通院等)自宅にて見守りができない時、一時的に事業所へ泊まる事ができるサービスのこと。
この2つの事業をメインに展開していく。

障害のある方の支援をする場所なのに、なんで「みんなの拠点」と名付けたか?
それは、この場所も「みんなの学校」と同じように、子どもからお年寄りまで様々な方が集まり、関わり、過ごせるような場所にして行きたいと思っているから。

ただみんなの学校を始めた昨年、そして今月と、コロナのまん延防止対策による緊急事態宣言を国が発令し、茨城県もまん延防止対策を進める中、多様な人たちが集まり交流するという事業はとても相性が悪い。

なので、予定の20%くらいしかできなかった。
(子どもたちに音楽を届けるプロジェクト、ボードゲームカフェや認知症カフェなど、いろいろとやってはいたけど。)

本当はね。
学校内では児童・障害・高齢者の福祉サービスが行われ、体育館やグランドでは地域住民が運動や散歩したり、教室では住民主催の講座や勉強会・イベントが行われている。音楽室では未来のYouTuber、TikToker達が音楽やダンスの練習をし、図書室では将来の夢に向かって本を読み勉強する大人や子どもたちがいて、視聴覚室ではEスポーツの大会が行われている。
そして、みんなそれぞれの場所でそれぞれの活動をした後は、カフェで休憩していろんな人と交流する。
そうなる予定であった。多分。

それができなかった。

まだまだ現状は、コロナ終息も見えないので、理想的な形は取れないけど、その時が来たらできるようにしていくために。
そしてここでも同じような活動をしていくために「みんなの拠点」とした。

元々は高齢者の施設だったんだけど、うちが借りて障害者の事業所とした。
真ん中にある正面玄関から右手が住む場所のグループホーム。左手が日中活動出来るデイスペースになっている。
このデイスペース部分を地域の方とのイベントで使ったり、場所を貸して講座や勉強会を開いたり、ボードゲームカフェやったり、子ども食堂やったりして行きたいと思っている。

いつから出来るとはっきり言えないけど、そういう複合施設にしていく予定だ。

オンライン化が様々なところで進む中、それでも人と人の画面越しじゃない触れ合いや関わりが必要だと思っている。

なのでこの思い活動は諦めません。絶対に。

8月1日から事業所は開設したんだけど、開設までも急ピッチ、そして安定した事業へと変貌させるにも急ピッチでやっていくので、まだまだスタッフが足りません。

そのため、スタッフを募集しています。
ぜひ下記のリンクを覗いてみて。
https://en-gage.net/npo-smsc_jobs

児童・障害・高齢者と分野に捉われない「みんなのための福祉を。」提供して行きたいと思っています。

と、これを書いている今は夜勤中。なので眠い。

社会福祉法人を設立したのは先月、そして拠点開設は今月。
SMSC設立当初みたいなスタートアップ感がめっちゃ大変ですが、これからの未来の広がりを考えるとめっちゃ楽しい。

40才過ぎてもまだまだワクワクが止まらない。

新法人を設立しました。

以前から計画していた社会福祉法人の設立がやっとできたぜ。
これからがスタートではあるんだけどね。

2018年の8月に新法人を設立するという下記のブログを書いた。

社会福祉法人化しようと決意表明してから、もう2年半も経ってるんだよね。
時が経つ早いものだ。いつもながら。

せっかく設立することができたので、社会福祉法人蒼天理事長としてのメッセージを書いてみた。

まあ、コーポレイトサイト用だけど。

いつも活動へのご理解・ご支援ありがとうございます。
私たちは、これまでNPO法人として障害者支援事業を行ってきました。
活動する中で、子どもの貧困の問題や高齢化の問題、福祉サービスの縦割り化の問題など、様々な問題を目の当たりにしてきました。
それらの問題を少しでも解決していくために、廃校という地域資源を活用して、高齢者・障害者・児童など総合的な福祉サービスと地域の様々な人が交流することができる、多世代・多属性交流型の地域生活拠点事業「みんなの学校プロジェクト」を開始しました。
生きていく上で、さまざまなライフステージがあり、ステージごとにそれぞれの課題が出てきます。
「雲外蒼天」
それでも困難を乗り越えれば青い空が広がっている。
支援が必要な人と関係する方々、そして地域のみんなと共に歩き、共に困難を乗り越えられることを願って「蒼天」と名付けました。
「あなたに寄り添い みんなで関わり ささえあう地域へ」
分野や制度に囚われることなく、あなたに寄り添う支援を創り、活動を続けていきたいと思います。

社会福祉法人蒼天 理事長 根本敏宏

社会福祉法人蒼天。

「蒼天」という名前の由来は、メッセージでも使っていますが、「困難や障害の先には明るい未来がある」という意味のある四字熟語からとりました。

困難を乗り越えれば青い空が広がっている。

これは、自分自身に込めた言葉でもあるし、障害のある方々やそのご家族、また支援が必要な困難を抱えている方々への言葉でもあります。

全部を解決できるわけじゃないかもしれない。

でも、希望を持って一歩一歩前へ進んでいけば、状況が変わり、気持ちに変化が起きるかもしれない。

未来はどうなるかわからないから、かもしれないとしか言えないけど、共に困難を乗り越えられる存在になっていきたいと思います。

会社の名前の由来って絶対聞かれるんですよね。

SMSCの時も(まだ今もだけど)、どういう意味ですか?って何回も聞かれた。
なので、あらかじめ書いておきます。

ちなみに蒼天で調べると、
 1 青空。大空。蒼空。
 2 春の空。
 3 天の造物主。天帝。

「天帝って意味でつけたんでしょ。」って思う人がいるかもしれないですが違います。

雲外蒼天です。

改めまして、社会福祉法人蒼天もよろしくお願いします。