久しぶりにまいぷれ稲敷の話。

久しぶりのブログ更新。
そして久しぶりにまいぷれの話。

まいぷれ稲敷について久しく書いてなかったけど、事業は継続して行っている。運営主体を特定非営利活動法人SMSCから社会福祉法人蒼天へ変えて。

紆余曲折あってやっと軌道に乗ったよ!
と言いたいところだけど、まだまだ紆余曲折の途中ではある。

2019年の12月くらいに開始して、あと3ヶ月くらいで2年になるな。早いもんだ。
廃校の工事や学校への移転、社会福祉法人化と、この2年でいろいろあったから仕方ないなと思いつつも、まいぷれスタッフも何人か入れ替わり、なんとか維持してこれてはいるといったところだ。

昨年は、個人としても大きな出来事があったし、辞めようかなと思う時期もあったんだけどね。でも最近になって特になんだけど、まいぷれチーム二人の成長が目覚ましく、そんな気持ちは吹っ飛んでしまっている。

と、いろいろ最近の思いを書いてきたけど、書きたいのはこういうことじゃない。

毎週、まいぷれスタッフミーティングをやっていて感じることなんだけど、最近になってまいぷれの良さとか強みというのが分かってきたように思う。腑に落ちてきたというべきか。

スタッフ一人で新規アプローチを月に100件くらいしてるんだけど、その中で自分の生活圏でも知らないお店とか新しいお店、都会にしかなさそうなお店も存在していることを知る。(教えてくれる。)
毎週、新たな発見がある。

生活圏の中でも自分の生活の動線に入っていなかったら全く気づかないもんなんだよね。だから、行くお店とか行動がルーティン化されていくんだろう。
日々の生活もみんな忙しいし。

まいぷれ稲敷(龍ケ崎・稲敷・美浦・河内)という絶妙なエリアの狭さのなかで、様々なカテゴリの地域情報を集めてくるから、いろんなお店のより濃い情報を集めてこれるんだなと思う。
ミーティングで聞いているだけでもほんと面白い。

こういう情報サイトだと、美容関係だとホットペッパービューティさんとか、茨城だといばナビさんとかに載せてる店舗さんも多い。(よくミーティングで名前が出てくる)

情報量が多ければ、アクセスも増えるかも知れないけど、その分探すのが手間になる。(俺のこと)店舗さんとしても見つけてもらったり、来てもらったり、人気店との差が大きくなるんじゃないかなと。情報が多いほど目立たないと結局は目に入りづらくなるから。

その点、まいぷれ稲敷は、(龍ケ崎・稲敷・美浦・河内)という絶妙なエリアの狭さの中で、より身近で濃い情報を地域の方々に見てもらえるちょうどいいサービスだと思う。競争率もエリアを絞っている分低くなる。なにより実際に足を運びやすいし。寄ってくれる可能性も高まるだろう。

まだまだ掲載店を増やしていかないと思っているから、頑張って掲載店を増やしてもらいつつ(スタッフに)、地域に住む方々と店舗さんの双方にメリットが出るようなメディアにしていきたいな〜と思っています。

身近な情報を身近な人に。

全然まとまってないけど、今回はまあいいや。

ぜひ、まいぷれ稲敷を覗いてみて下さい。https://inashiki.mypl.net/

そして、店舗さんは是非掲載を願いします!
https://inashiki.mypl.net/promotion2

まいぷれ稲敷にてテイクアウト特集を開始しました。

コロナショックによる影響で飲食店の経営は厳しくなっていると聞きます。

いつも行っているあの飲み屋は大丈夫だろうか?
美味しいランチは今後も食べられるだろうか?

みんなと過ごすあの空間を少しでも応援していきたいと思い、まいぷれ稲敷にて無償の「みんなでコロナを乗り越えよう!テイクアウト特集!」を開始しました。
是非、情報提供をお願いします。

テイクアウト特集ページはこちらです。
みんなでコロナを乗り越えよう!テイクアウト特集!

テイクアウト特集企画は、稲敷市・龍ケ崎市・河内町・美浦村それぞれの地域の特集ページにて掲載していきます。
そのため、稲敷市・龍ケ崎市・河内町・美浦村の各地域の掲載店を探しております。
どの地域も満遍なくたくさんのお店を紹介できたらなと。

SMSCは福祉サービスを行う法人なのに、地域情報ポータルサイト「まいぷれ」の運営を始めたのには理由があります。

4月より開始したみんなの学校プロジェクト。
これは多世代・多属性の福祉サービス拠点であり、地域の方々との交流拠点を目指した事業です。
居場所であり、交流としてのハブとなり、まいぷれを軸に情報としてのハブ機能を作りたかったのだ。

詳細は下記を。


そういう思いから今年の1月よりまいぷれ稲敷をオープンしたんだけどね。
スタートダッシュは失敗しており、担当もいなくなってしまったので現在はピンチな状態になっている。

これからのまいぷれの運営をどうしたもんかと考えていた時に、他の地域のまいぷれで飲食店支援の企画が始まった。

これはうちでもやっていきたいなと。
無料で行う企画なので利益にはならない。
人的リソースはかかるからむしろ赤ではある。

でも、福祉って困っているところをサポートしていくのが仕事。
だからこそお互い様で助け合うことが大事だと思っています。

うちは他のサービスもあり、なんとかやれているのでより困っている方を支援することは大事だと思うんだよね。

とてもいい企画。

まいぷれを始めてしまった以上、どんな状態であれ責任持ってやっていくしかない。
やる気出た。

ってことで、頑張ってこの企画を最後までやっていきますので、是非お知り合いのお店がありましたらご連絡ください。

掲載依頼はこちら。
みんなでコロナを乗り越えよう!テイクアウト特集!

ネットでの申し込みがめんどくさい。
そういう方でもOKです。

電話ください。こちらからもアプローチしますけどね。
みんなの学校いなしき TEL 0299-77-5150  担当 根本


特集記事

稲敷市でテイクアウトできるお店まとめ
https://inashiki.mypl.net/article/takeout_inashiki/39964

稲敷市でテイクアウトできるお店まとめ
https://inashiki.mypl.net/article/takeout_inashiki/38928

河内町・美浦村でテイクアウトできるお店まとめ
https://inashiki.mypl.net/article/takeout_inashiki/38396

※まだ少ないですが特集に載せる掲載店は順次増やしていきます。

地域情報プラットフォーム「まいぷれ」を始めます

これまでSMSCの活動として「障害者が安心して過ごせる地域社会の実現」を目指して活動してきた。
活動を通して感じていることは、地域における社会課題も多く複雑に絡まっているということだ。
障害者、貧困、高齢化、少子化、いじめ、虐待などなど。

あれもこれも絡まっているので、どれも改善していかなければ、支援が必要な人の課題は解決していかない。

それを強く感じたので、「子どもからお年寄りまで安心して過ごせる地域社会を実現する」へとミッションを広げ、様々な課題解決を図っていきたいと、今回のみんなの学校プロジェクトへと変化してきたのだ。


過去のプロジェクト紹介記事

そもそも地域にあるいろんな社会課題を改善して、みんなが住みやすい地域を作るっていうのは、地域の商業とかいろんなところがやっている “まちづくり“ と同じなのかもしれない。

最近はそんな風に考えているので、福祉という切口からまちづくりを行なっていく団体へ展開していきたいと思っている。

話は長くなってしまったがこれからが本題。


そもそもまいぷれとは?

題名にもある、そもそもまいぷれってなんぞやということ。

まいぷれは、地域にある様々なお店や商品、イベント情報やその他お得な情報などをポータルサイトで情報発信を行い、皆さんの暮らしを今よりちょっと楽しく、豊かにする地域情報のプラットフォームのこと。

詳しくはこちら。
地域情報プラットフォーム https://mypl.net/
まいぷれ稲敷 : https://inashiki.mypl.net/


なぜやるのか?

これは先に言ってしまったが、これからは”まち”そのものにアプローチして、地域づくりというのを展開していきたいと思っている。

みんなの学校プロジェクトでは、子どもからお年寄りまでの総合的な福祉サービスと地域の方々のハブとなり交流を生み出していくということ、また地域情報のハブとなり、より地域の情報へと繋がるようにしていきたいなと。

+地域外への情報発信も力を入れていきたいしね。


やることで創りたい地域

生活のしやすさとか生きやすさっていうのは、結構いろいろな情報を知っているかが鍵になってくる。

まちにある美味しいお店や商品、楽しいイベント、便利なスポット、医療や福祉、教育や行政情報。必要な制度の利用方法や地域で暮らすライフハックまで。

知らなくても生きていけるが、生活の質を高める情報を知っていると楽しさや住みやすさが変わってくる。

自分も地元稲敷市に30年以上住んでるけど、地域の知らない情報がたくさんあることを知った。
地域を見渡すほどに新たな発見があるんだよね。
市の名産品はレンコンや江戸崎かぼちゃだけじゃないのだ。

それらを皆さんにお届けすることで、地域の皆さんにお得な地域情報を知ってもらいたい。

また地域の広報を行うことで、企業やお店のブランド力や価値を高め、産業を盛り上げて地域を再興していきたい。


皆さんへのお願い

来年の1月オープンに向けて、vまいぷれスタッフが地域を駆け回り情報を集めます。

まいぷれに興味を持っていただいたお店や企業さんは、是非ご連絡ください。
スタッフが取材に行きPRさせていただきます。

〜まいぷれ 編集部〜
特定非営利活動法人SMSC
TEL : 0299-77-5250 MAIL : info@npo-smsc.jp
FBページ : https://www.facebook.com/inashiki.mypl/
まいぷれ稲敷 : https://inashiki.mypl.net/