桜も咲いてきたので、初めてアートを買おうと思う。

久しぶりの更新。

特に体調等悪いわけではなく、仕事が忙しいというのもあるが、SNS自体から少し距離を置いているという感じです。まあ、あまり書くこともないというのもあるけど。

ちょっと前のことだけど、久しぶりに美術館へ行ってきた。

つくばアートサイクルプロジェクト2021 https://tacp298.art

今日は久しぶりに美術館に行ってきたので

ログとして

最近なんとなくアートを買いたいなと考えていたので、「何がいいかな〜」といろいろな人の作品を見つつ、最初の購入作品を検討しているところだ。

このイベントに出展されている梅沢さんの作品に興味があったのと、主催者側に友人の千洲額縁の友田くんの紹介でクラファン支援していたので来てみました。

一番いいなと思ったのは梅沢さんのこの作品。

結構でかい。
飾るにはそこそこのスペースが必要だ。
まあそれ以前に価格も気になるところではあるけど。

その他の作品。

作品を見て回ると、あれもこれもいいな〜と思ってしまい、さらに迷っていくんだけど、見た中では1枚目と2枚目がいいなと。

多分カラフルな色が好きなんだな。
なんとなく。

いつもみたいにノリで「これに決めた。」って衝動買いしそうになったけど。

そんな簡単に買える金額じゃないしね。思いとどまりました。

さてさて、しっかり検討しつつ、もうちょっといろんな作品を見て回ろうと思う。

つくばアートサイクルプロジェクト2021で撮った写真

“高砂淳二写真展 Dear Earth“に行ってきた。

久しぶりにアート鑑賞。

今回は、しもだて美術館にて開催されていた“高砂淳二写真展 Dear Earth“に行ってきた。2021/07/11

ちなみにもう終わってるけどね。

自分はこの写真家さんのことをよく知らなかったんだけど、奥さんに誘われたので来てみました。

そもそも、写真展に来るのって初めてかもっていうくらい、前にいつ行ったか分からない。

この鯨の迫力が凄い。

空間も合わせて、この写真がとても良かった。

どれも綺麗な写真だけど、特に光の感じがすごく良いなと。
自然、生物、星、そして地球の美しさを感じることができる写真展でした。

悩んでたり、考えごとしてたりする時は、美術館に行くといい気分転換になるんだよね。
コロナで全然行けてなかったからね。今回久しぶりに行けてよかった。

オマケ
銅像のマネをしているとこ。

息子はなんとなくノリで合わせてくれている笑

久しぶりのART観賞。前から行きたかったバンクシー展に行ってきた。

コロナの影響もあってほとんど出掛けてなかったんだけど、前から行きたかったのでバンクシー展に行ってきちゃいましたという回です。完全なるプライベート。

前回はうんちミュージアムでアソビルに来たので今回は2回目。
今回も入り口前で記念撮影。

そして会場の入り口には「風船と少女」のアートがあったので、もちろん作品と同じように写真を撮っちゃいました。

でこっちが本物です。

風船と少女
愛は空中に
ディズマランド

などなど。

最近、プライベート回が多いですが、徐々に仕事外の活動も充実してきたかな。
まだまだ、土日も仕事しなくちゃいけない時も多いですが、今後はもっとプライベートを充実させていきたいなって感じです。

以上。写真を見せる回でした。ほんと写真だけだw
次はもっとマジメなのを書く。

下記にさらにギャラリーあり。


バンクシーって?

バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、英国を拠点とする匿名のアーティスト(路上芸術家)、政治活動家、映画監督。彼の風刺ストリートアートと破壊的なエピグラムは、独特のステンシル技法で実行された落書きとダークユーモアを組み合わせたものである。

バンクシー『ウィキペディア(Wikipedia)』
バンクシー

ギャラリー

チームラボのイベントに行ってきた

今回は完全にプライベートのこと。

少し前に、息子とお台場で行われている「チームラボボーダレス」に行ってきました。

話題だったので早めに予約したけど、当日は結構混んでました。

チームラボボーダレスは、アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。
境界のないアートは、部屋から出て移動し、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う。そのような作品群によって境界なく連続してつながっていく1つの世界。
境界のないアートに身体ごと没入し、10,000㎡の複雑で立体的な世界を、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM EPSON teamLab☆Borderless

空間全体が綺麗なアートに包まれ、音楽に合わせて空間のデザインが変化していく。

ただそこにいるだけでアートに没入していく体験。貴重な体験でした。

一つの空間だけでなく、色々なテーマに沿った空間があり、様々なアートと体験ができるので半日は楽しめると思います。自分は気づいたら3時間以上経ってました。

子供が遊べる運動広場。描いた絵がアートになって動き出す。うちの子供も楽しんでいたので、お子さまと是非。もちろん、とても綺麗なのでカップルの方は行ったほうがいい。

IMG_0956
IMG_0972
IMG_0964
IMG_0968

息子に「俺も撮って!」とお願いしたら、合図なしに撮られた…。

IMG_0988
IMG_0977
IMG_0992

疲れたのでちょっと休憩と、お茶を頼んだらそこにもアートが浮かび上がる。
これは驚いた。それにこれも動くアートでとても綺麗。

どの空間も綺麗だったが、やっぱり一番良かったのは、一番上の写真のところ。

機材の影や人の影。ただ映像としての美しさだけじゃなく、観客がいることで完成されるこの美しさは凄いなと。

自分は絵とか苦手だから、美術館とかこういうイベントにあんまり行ってなかったけど、起業してから興味をもっていくようになったんだよね。

何でだろうか?
と思って色々見てたら、見つけた記事と本。

〜アート×ビジネス!全てのビジネスマンに必須のスキル「美意識」の鍛え方 〜
http://careersupli.jp/career/art/

どうやらビジネスとアート、美意識は関係あるようです。
これは買って読もうと思う。

もちろん教養は大事ですけどね。

以上、写真を見せる回でした。