SMSCはポストコロナ時代にどう向き合っていくか。

コロナショックによる緊急事態宣言が発令され、4月7日から5月6日まで外出自粛が要請された。

日々、テレビやネットではコロナ関連のニュースばかりで感染者数に一喜一憂し、自粛時間の使い方や、マスクや消毒などの購入に物の買い占めなど、必死になっている人も多いと思う。
まあ、うちも調達には必死でいるけど。

3密を防げとネット上では一般人の自主警察も現れたりもしているらしい。
なんて世の中だ!

やっと4月末になって自粛生活ももう少しと頑張って堪えていた人も少なくないと思う。
でもどうやら5月末まで自粛期間が延長される見通しみたいだ。

そんな中で最近ぼんやり考えているのは、ポストコロナ時代に法人としてどう向き合い、福祉サービスをニューノーマルに適応していくかについて。
(最近、ポストコロナとかニューノーマルとかいろいろ言われているので使ってみたかっただけです)

今回、新型コロナウイルスが世界的にパンデミックとなり、それも長期化して被害も多いことから、これからの社会の大きな変化を予想している人は多いんだろう。
自分もコロナのワクチンが開発され、または抗体検査や管理社会の到来などなどの理由で、コロナショックの収束は来るだろうと考えてはいるが、未知のウイルスの怖さを痛感させられた今、コロナ前の社会に戻る気がしないんだよな。

どこがクラスターになるか分からない、発生経路も分からない。そういうウイルスが今後もあることを予想すると、これからもリスクを抑えて3密に注意した生活が必要になるだろうと思う。

コロナ前に海外旅行に行かなかったことをただただ後悔している…

でもそうなってくると、うちがメインで行っていこうとしているみんなの学校プロジェクトはとても相性が悪いのだ。

「3密」とは
1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、 2.密集場所(多くの人が密集している)、 3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる) という3つの条件のこと。

厚労省リンク https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokumin

そもそもみんなの学校プロジェクトは、廃校になった学校を利用して、高齢者・障害者・児童など総合的な福祉サービスと地域の様々な人が交流することができる、多世代・多属性交流型の地域生活拠点事業だ。


これは学校を拠点として、様々な人たちが交流して関わり合うことで、互いの課題を知り、ささえあいの変革を生み出そうとした取り組みなのだ。
なので、密集場所であり、密接場面。広くて換気はいいので密閉空間ではないのが救い。
でも2密にはなってしまう。

コロナウイルスによってこういう形で出鼻を挫かれるとは思ってもみなかったよ。

想定外のことだけど、それでもこういうことは今後も起きるだろうし、ニューノーマルに適応したプロジェクト・サービスに変化させていくしかないってことだ。

ただコロナのおかげで生まれた効果として、法人全体の感染症対策への意識や対策、それらに免疫がついたこと。
これは収束した後も現状を継続すること、またさらに高めることを意識した取り組みができるだろうと思う。

それと、インターネットを多用したテクノロジー化を進めていきやすい。
というより進めていくしかない。
これまでも自分がそっち関係が好きだから、クラウド化やICTなどのサービスをいろいろ利用してはいるが、もっと進めていく必要があると思っている。

今回はコロナのこともあり(学校への引越しのせいもあるかも)、WEB会議も始めた。これは便利だし、感染を防ぎつつ仕事もできるから、市の協議会とか他機関とのケア会議とかにも導入していきたい。うちが率先してこれは押していきたいと思う。

その他にも新たなサービスはどんどんできるだろうし、ロボットも利用していく必要がある。福祉であってもリモートできるところはリモート化もしないといけない。

社会がデジタル化していく中で、福祉サービスもデジタル化できるところはよりしていかなければならないと思っている。
落合さんが言っていたデジタルネイチャーが一気に進むんだろうな〜。

などなど、
考えなくちゃいけないことややらなくちゃいけないことがたくさんあるのだ。

ただ、みんなの学校プロジェクトの今後の落とし所とか生活支援コーディネーターで行っているサロンづくりとか、ポストコロナに向かない状態のものをどうニューノーマルに適応していくのか?

まだまだ、悩んでいる段階で今後のビジョンを描けていないし、とりあえずの答えも見つかってないんですけどね…

福祉の仕事もlast one mileなのかもしれない

9月25日〜27日の3日間、東京ビックサイトで行われた国際福祉機器展に行ってきました。

イベントは3日間だけど自分は26日の1日のみ。様々な会社の機器やサービスの見学をしたり、相談したりなどいろいろ学べました。

それに毎年新製品も出るからね。それを見るだけでも楽しめるんだよね。

福祉機器展の様子

国際福祉機器展について https://www.hcr.or.jp/

せっかくいろいろ見てきたので、気になるものを勝手に紹介していきます

イージースルーの車椅子
移動時の「ヒヤリ」「ハット」する瞬間を予防・軽減する車いす。介助者は段差がある場合は車椅子を後ろから下ろしていくが、これは多少の段差は前から押していける。画期的。
http://www.kurumaisu-miki.co.jp/wheelchair/special/est1.html

この車椅子は、座位から立位にもなれる。しかも右手での操作のみ。これも便利。何かで登壇するときにはもってこいだな。

この車椅子はもはや夢しか詰まっていない。ガンダムファンならわかると思うが、完全にガンタンクに変身できる車椅子だ。

これは福祉用の浴槽。
福祉機器とはいえ、ここまでオシャレになってきたかと。
どっかのセレブの家にでもありそうなお風呂。かっこいいね。

MUSCLE SUIT
これは身体補助系の製品。まさに着る筋肉で、介護で使う筋力を軽減させてくれる。こういう製品は、腰を守るためにも必須。自分も昔に腰を壊したからね。
https://innophys.jp/lp/muscle-suit-every/

送迎車のハイエース
これは介助が必要な送迎用としては必須の車。今後のサービス展開として、うちも2台くらい必要になるかなと。

またもや来ましたAI。

AIを活用したデイサービス事業者向けのリハビリ支援クラウドシステム。
パナソニックが開発中で、2020年の発売を目指しているとのことです。
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/09/jn190925-1/jn190925-1.html


前回書いたブログ記事

これはケアマネージャーさんが行うケア計画をAI化して簡素化したもの。

そして、今回のAIシステムはリハビリ支援に使われてます。

たぶん今後は、あらゆる支援にAIとビックデータの活用が使われて、専門領域とその専門性が機械化されていくのは、もうあたりまえの話なんだろうな。

福祉の仕事も人が関わる部分は last one mile なのかもしれない。

専門家の仕事がすぐになくなるというわけではなく、機械化して関わる人員を減らして、それをより高い専門性がある人が使っていく。今後は人員が大きく削減されると思うんだよね。
(人が減っていくので、そもそも機械化していかなくてはいけない問題もあるけど。)

そして、このDRIVE BOSS。

DRIVEBOSSは、高精度なカーナビゲーションを利用した多機能車両管理システムです。車両ごと運転者ごとにその日の運行情報を詳細に見やすくレポートでき、業務の効率化、運行管理の負担軽減、安全運転の推進などを強力にサポートします。

パナソニック ー https://www.car.panasonic.co.jp/pce_top/#2ndPage
パナソニックの運行管理ナビ「DRIVEBOSS(ドライブボス)」のご紹介

利用者の状況や道路の状況等を合わせて送迎計画を立て、その運行管理や安全管理や業務効率などが改善できる。

特にうちのように地方だと車社会で、福祉サービスには送迎が必要なところにはピッタリのサービスだと思う。

ただ、利用するのにはコストがどれくらいかかるか?が導入する決め手になるのだろうけど、今後は同様のサービスとかも増えれば費用も下がっていく。
これは、うちもゆくゆくは利用していきたいサービスだなと。
(値段については書いてないので、気になる方はお問い合わせを。)

とまあいろいろ書いてきたけど、新しい機械やテクノロジーは難しいって人も多いかもしれない。

なので、必要最低限のサービスとしての紹介。

支援業務で一番煩わしいのは、やっぱり記録業務。
様々な書類を書いて保管して、それで書類をしっかりまとめた上で請求をかけるという仕事。これはみんなが大変だと思う。

福祉事業所の1〜10日は戦争だ。

それら記録業務を大きく改善するためのサービスとしての紹介。(例です)

などありますが、他にもたくさんあるので、自分の事業所に合うものを選んでください。ちなみにうちは、ほのぼのmore を使ってます。

現場からは以上です。

テクノロジー活用とこれからの福祉について考えていること

またまただいぶ久しぶりの更新になってしまったな。
まあ本業と生活が忙しかったこともあるので、それはそれで良いことだけど。

今回書いていくのは、福祉とICTなどのテクノロジーについて。
これは以前にもブログで書いたことだけど、新しい法人ではもっとICTを進めていきたいなと。


過去の記事

ケアマネージャーのAI化もそう。

見守り支援や空間認識、クラウド型のデータサービスやスケジュールや書類管理、チャットなどのコミュニケーションツールなどなど。
挙げればきりがないほどに、ICTなどのテック関連は福祉領域に入ってきている。

昨年も国際福祉機器展に参加してその進化に驚いたが、年々その進化は早まっていくんだろうと思う。なので今年ももちろん参加する。

国際福祉機器展 https://www.hcr.or.jp/

なぜそんなに興味があるかっていうと、個人的にそういうテックが好きだっていうのもあるけど、やっぱり地方の福祉領域では働く人が大きく減っていくことを懸念しているからなんだよね。

これからますます高齢化率が高まっていく中で、利用者さんが増えて、支援者が減っていく。この流れは止められないだろうし、その中でもサービスは維持していかなければならない。

ちなみに2045年には市内の高齢化率は50%。
私が今39歳なので、65歳になる頃には高齢化率は50%。
地域福祉のことを考えて行動しているが、かなり自分ごとでもあるのだ…。

不安な未来しか見えない感じだけど、その状況を打破していくには、外国人労働者を増やしていくこともそうだが、ICT関連がもっと進化していけば、減ってしまう働き手を機械でカバーできていくんじゃないか、と思っている。

記録や請求管理システムを導入して個人情報とケース記録や請求情報を一括管理して、スタッフの情報共有はSlackなどのチャットで一斉共有。ケア会議やケース検討はzoomなどのweb会議にして、他機関との情報共有もクラウドデータとメールじゃなくてチャットで良い。
スタッフのスケジュール管理はサイボウズとかgoogleに一元化で見える化する。会社の届出書などの書類管理は、kintoneで紙ベースをなくせばよい。
ケアマネージャーなどの相談支援もAI化して、ついでにアセスメントも質問形式とAI化、そこをプロのソーシャルワーカーが必要部分を補完する。(これだけで相談員を減らせる。)
いつトイレに行きたいか?もパッチで事務所管理できるし、空間認識と顔認識で知らずにいなくなったりなど行動も把握できる。
今後は機械が支援を行い、それが人員配置基準にも含まれるようになる。(憶測を含む。)
この辺のことは、今思っているだけのことで、まだまだ改善方法はたくさんある。IOTも含まれています。
ちなみにうちは、まだ完璧じゃないがかなりの部分を導入しています。

こんな感じで、紙ベースをクラウド管理し、ICT(IOTを含む)を利用して人が行う業務を減らしていくこと。

福祉サービスが機械になってしまっては、ぬくもりや暖かさがなくなると思う人もいるかもしれない。

でも、介護施設でもその他施設でも、現状でいっぱいいっぱいだと思っている人も多いと思う。
できうるだけの業務を簡素化機械化して、利用者さんとの会話や人が行うべき支援はどこかを考えていく必要があると思っている。

とまあ、いろいろ書いてきたけど、「みんなの学校プロジェクト」では高齢者・障害者・児童を含めた総合的な福祉サービスと、地域交流を含めた支え合いの風土つくりという、人のぬくもりや関わりを大事にしつつ、機械などのテクノロジーを導入して、持続可能な福祉サービスを作っていきたいと思っています。

そしてゆくゆくは作る側もやっていきたい。(願望)

という話でした。現場からは以上です。

ケアプランのAI化はケアマネージャーを救えるか

IT、ICT、IOT、AI などなど。

テクノロジー関連の話題はとても多く、ニュースで見ないことがないくらい進歩が進んでいる。

特にAIの進展が進むと、「なくなるかもしれない仕事」と言われるものも多く、はたして自分の仕事は大丈夫だろうか?と不安に思う方も多いんじゃないかな。

自分は最近、特に福祉×テクノロジーに興味があったので、昨年に東京ビックサイトで行われた国際福祉機器展に参加しました。

(で、結局撮っちゃった。)

高齢化が進む中、この産業はますます伸びていくので、各企業さんの力の入れっぷりが凄い。
日々急速に進化していっている感じだ。

特にIT関連、IOTやAIなども機器にどんどん導入されているので、ますます便利になっていくだろうと予測できる。

その中で特に驚いたのが、ケアマネージャーさんのケアプラン作成をAIが行うという技術・サービス。

これは、株式会社シーディーアイ(CDI:ケアデザイン研究所)が開発した「MAIA(マイア)」というケアデザイン人工知能である。

株式会社シーディーアイ https://www.cd-inc.co.jp/
MAIAにできること

MAIAは、利用者様のADLや要介護認定項目などの状態をブラウザで入力すると、サービスの種類や頻度など、組み合わせのプランを最大で3通り提案するAIである。
プランを変更した際の容態予測や、プランを採用した際に1年後の身体機能がどう変化しているか、という将来予測のレーダーチャートを示す機能もある。

このAIを導入すると、ケアマネージャーがケアプラン作成にかける時間を大幅に削減することも可能になるかもしれない。

いろいろ調べてると、なんと茨城県ではもうすでに昨年から試行事業を開始している。早い。

ケアプラン作成AIは、まだまだ発展途上といったところだと思うが、データの量がさらに増えていけばケアプラン作成の精度もどんどん上がる。

今はまだ頼りないプラン立てかもしれないが、エビデンスに基づいたプラン作成することができるようになるのも近い未来かもしれない。

その次は、障害者支援の分野での相談支援専門員、計画相談にも実装されるようになる。

AIが進展してもなくなりにくい仕事とされていたケアマネージャーの仕事。

案外、テクノロジーに代わられる日は近いのではないかな。

ただ、今回書きたかったのはケアマネージャーの仕事が奪われますよ。
ということではない。

これからさらに深刻になる労働人口の減少と高齢化の問題。
さらに介護などの福祉分野の人材不足。

自分が抱えている相談支援の件数、また周りの人が抱えている相談支援の件数を考えてみればわかると思う。

ケアマネージャー1人が抱えている相談件数、人数が多すぎるのではないだろうか。

そのため、相談支援やプラン作成・フォローアップ等が疎かになってはいないだろうか?

膨大な書類やケアプラン作成など、AIやテクノロジーに任せられる部分は任せて、利用者さんとの関わりや相談、その他直接支援にかけるべき時間を増やすことが大切だと思うんだよね。

テクノロジーと支援の共存。

AIなどのテクノロジーは、介護や支援業務の効率化に大きく貢献していくと思う。

今後ますます介護等福祉ニーズは高まっていく中で、日本の労働人口は急速に増えることがないのだから、外国人労働者の雇入れを進めていくことはもちろんのこと、AIやIOT、ICTなどなど、テクノロジーを取り入れて支援の質を担保することが、これから取らなくてはいけない福祉の戦略だと思う。

忙しすぎて「もう無理!」ってなってしまう前に、これからはAIなどの技術も利用して、適正な支援を維持していこうぜ!って話でした。