2018年の振り返りと御礼

2018年も大変お世話になりました。

たくさんの出会いがあり、たくさんの気づきや学びも得られ、大きく決断する一年でした。

関わっていただいた皆さん、お世話になりました。
ありがとうございます。

せっかくの年末なので、過去記事を見ながらこの1年を振り返りしてみたいと思います。


2018年の出来事

【1位】廃校プロジェクトが進んできました。
廃校で起こす新たなAction

この1年はこのプロジェクトの活動がメインだったと思います。市との協議やプレゼン、住民説明会等、これをやらなければできない体験をたくさんさせて頂きました。


【2位】
NPO法人SMSCの目的及び事業の変更をしました。
障害者からみんなの福祉へ

これまでは障害者の支援という切り口から地域福祉を考え展開してきました。
昨年より始まった生活困窮者世帯の子どもの学習支援事業やまちキッチンによって子どもの支援を始めて、生活支援コーディネーターの仕事によって高齢者の支援も携わるようになりました。
今後のプロジェクトを含め、高齢者・障害者・児童など総合的な福祉サービスを展開していきたいという思いから、ミッションを変更しました。


【3位】
1月より稲敷市の生活支援コーディネーターになりました。
生活支援コーディネーターになりました。
ビジネスでもソーシャルワーカーにとっても情報は最高の武器である。

生活支援コーディネーターの仕事を始めたことで、これまでは繋がりが薄かったボランティア団体や老人クラブなど、地域にある様々なインフォーマルな活動を知る機会・連携する機会をいただきました。


【4位】
クラウドファンディング達成。まちキッチンはじまる。
【御礼】まちキッチン「あえる」のクラウドファンディングが無事に達成できました。

とりあえず達成してよかった。このおかげでてらこむの子たちもまちキッチンに参加することができるようになりました。また、フードバンク茨城の取り組みで冬休みの食糧支援にも参加することができました。


【5位】
新たな農福連携の取り組みが始まります。
〇〇×〇〇から始まるビジネスはオモシロい。

これは個人的には最高に楽しみな取り組み。どう軌道に乗せて行くかは、もっと考えていきたいところだな。


こうやって振り返ってみると、いろいろな出来事に参加することができて、とても有意義な1年だったと思う。
何も始めてないと思ったけど、結果いろいろあるんだな〜毎回。

今年は平成最後の年。来年は新元号が始まる。
来年の新元号の年に新法人設立と廃校プロジェクトを行う。

その決意を断固たるものとする1年とすることができた。

来年はその決意をしっかりできるように活動していきたいと思います。

まだまだ勉強不足でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、来年も宜しくご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
皆さんも良いお年をお迎えください!

ありがとうございました。

ベーシックインカムという社会のあり方

ベーシックインカムという社会の在り方についての実験が世界で行われ始めている。
最近、ニュースで見るようになった。

今後の社会の在り方を考えていくにも、このような実験は素晴しいことだと思う。

そもそもベーシックインカムとは何なのか?

ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想のこと。(Wikipediaより)

基本的な生活費を政府がすべての国民に対して、現金を無条件で定期的に支給するということは必要なのか?

つい最近のニュースでサンフランシスコでベーシックインカムの実験が始まったとのこと。https://www.businessinsider.jp/post-560

賛成派は、社会的なセーフティネットを強化することで貧困に陥る人が減り、最終的にはより健康で幸せな社会を築くことができると主張し、反対論者たちは、お金が薬物や飲酒に費やされるのではないかと疑問視している。

どちらももっともな意見だと思う。

性善説、性悪説、両方の意見があるんだろうね。

日本は生活保護世帯が増えてきているが生活保護の捕捉率は低い。
困っているのに保護されていない世帯が多いということだ。
それが全員に現金を定期的に支給することになれば、捕捉率どうこうではなく改善されると思う。

逆に生活保護問題では、保護世帯のお金の使い方についてのニュースも多かった。
特に嗜好品にお金を使い過ぎだとか、趣味とか、働けとか。
個人の根性論や努力論で自己責任にしたいのだろうけど、全体から見ればごく一部なことは知っている。
そもそも高齢者や障害者などの社会的な障壁が大きい人が多いのだから。
最低限度の生活を脅かしてはいけないと思うんだよね。

ベーシンクインカムの導入やコストなど日本でも可能なのか?
については、専門家の方たちが考えるだろうから、自分は別のことを考える。

この制度について考えると、自分はこれからの「働くこと」「働き方」ということを問われているような気がするんだよね。

自分にとって働くということは何なのか?
食べるため?生活のため?遊ぶため?やりがいや生きがい?
その仕事をやりたいから?
人それぞれ働く思いは違うと思うけれど、働き方に向き合う時期なのかもしれない。

ワーク・ライフ・バランスが叫ばれ、ノマドなどの新しいワークスタイルが出てきた。ブラック企業が増えて、長時間労働で低賃金のワーキングプア問題も社会問題になった。そして、一億総活躍社会の実現に向けた「働き方改革」なるものもでてきた。

これまでの雇用のあり方がゆっくり崩れていき、新しい雇用のあり方が始まっていく改革期にあるんだと思う。

自分はライスワーカーなのか?働きたいのか?ではどういう働き方をする?

働かないという選択の自由ができる社会になることもあるのかもしれない。

「どう働くのか?」 から 「なぜ働くのか?」 へ。

しっかり自分自身の「働き方」について考えよう。

あなたは働きますか?

ちなみに自分は仕事と生活と遊びの境目がない。
すべてが関連した一つのことみたいな感じなんだよね。

だからこれからもやりたいことやって働きます!

最後にベーシックインカムの導入実験を行う8カ国 について
https://www.businessinsider.jp/post-528

相模原市の障害者施設における殺傷事件について思うこと。

朝、コーヒーを飲んでたら衝撃的なニュースが流れてきた。

相模原市の知的障害者施設で入所者が刃物で刺されて19人が死亡、26人が重軽傷を負った事件。

これは日本で起きたのか?
と目を疑うほどのニュースだった。

その後も、どのメディアでも事件を取り上げ、散々ニュースに流れていたのであまり見ないようにしていました。見るほどに嫌になるし辛くなるので。

なので、事件の詳細や細かな部分には触れませんが、感じたことを書こうと思います。

まず、今回の事件に巻き込まれて不幸にして亡くなられた方々とご家族に深い哀悼の意を表します。
またお怪我をされた方がの一刻も早い回復お祈り申し上げます。

今回この事件に巻き込まれて、苦しまれている方がたくさんいると思います。
みなさんが安心して生活できるようになることを願っています。

その後のニュースで、容疑者は病院の精神科に措置入院されていたこと、また大麻の陽性反応が出たということを知りました。

容疑者については、どのような状態であれ厳正に法で処罰をして頂きたいと思います。

しかし容疑者が精神に問題があることで、精神障害者は危ないんだと一括りに考えてしまう方もいると思います。
そのような風潮が強まると、精神障害や疾患のある方々が地域で生活していくことが妨げられてしまうのではないかとの懸念があります。

実際に、「措置入院」制度見直しへという流れになっている。

https://synodos.jp/welfare/19673

「SYNODOS」より

また、病院へ入れといたほうがいいとの方向にならなければと思います。

うちも障害のある方の支援施設を行っていて、様々な障害の方がいますが、精神障害の方の支援がメインです。
地域にあるグループホームで生活し、就労施設で仕事に就くため日々訓練しています。この事業を行えるのも、地域の方々のご理解とご協力があるからこそできることだと感謝しています。

このようなショッキングなニュースを見ると怖くなってしまうと思うけど、「精神障害は、精神病は」と一括りで捉えないようにして欲しいと思います。

もちろん、間違いを犯す方がいるのも事実です。
しかし検挙された一般刑法犯にしめる精神障害者の比率は0.9%くらいとのことです。

罪を犯した人には処罰が必要です。

でもそれ以外の方々へ不安の目が向かないようにも祈っています。

今後二度とこのような事件が起きないように、なぜこのようなことが起こってしまって、どうすれば防げるのかを深くみんなで考えていけたらと思います。