ユニバーサルな町へするためにはハード面よりソフト面?

障害者理解のため、また地域での障害の分布を知るうえでも、アクセスビリティマップ作りなどのソフト面のサポートも必要だって話。